霊視でわかること

霊視とは霊能者の脳裏に映像を映し出して、見えない世界を視る行為のことです。霊能者には霊感を持ち、心で事実や霊的なものを読み取る能力があります。霊視でよく見るものとしては守護霊や前世などが挙げられます。また、霊視によって守護霊からのメッセージなどがわかるといわれています。

霊視をしてもらう方法

手

直接対面して見てもらう方法

霊視してもらう方法として最も良いのが、霊能者と直接会って見てもらうことです。お互いの表情を見ながら話をすることができるので、相談者は落ち着いて話をすることができます。細かいニュアンスや表現を霊能者に伝えやすいので、安心して霊視鑑定してもらえるメリットがあります。

電話を使って見てもらう方法

直接霊能者と会ってみてもらうのが最も良いですが、相手が遠方にいて合うことができない場合は電話を利用して霊視してもらう方法があります。電話で大丈夫かという心配する声がありますが、電波からの波長を受け取ることで霊視を行います。面と向かって話すことに抵抗がある人はおすすめかもしれません。

メールを使って見てもらう方法

またメールを使った霊視鑑定もあります。メールを使った方法の良いところは、自分の都合に合わせられることです。専用のサイトから入力フォームに必要事項を記入しましょう。このようなサイトでは複数の霊能者がいることが多いですが、写真や経歴をチェックして気になった霊能者に相談してみると良いです。

未来を良い方向に持っていくことが大事

自分だけなぜ悪いことばかり起こるのだろうと嘆いている人は少なからず存在します。また世の中に対する不安から、未来に対して心配し過ぎる人もいます。しかしながら、心配のし過ぎからは良い未来はやってきません。気になることがあっても敢えて放念することも必要です。未来を良い方向にもっていくためには、物事をポジティブに考えることが大切なのです。

負のオーラと正のオーラの違い

明るい人でも負のオーラをもっていることがある

負のオーラとは、普段まとっているオーラにマイナスな何かを帯びた状態をいいます。負のオーラというと暗い人・ネガティブな人をイメージしてしまいますが、必ずしもそのような人が当てはまるわけではありません。明るく見える人でも、相手の気分を落ち込ませるようなオーラがあれば、その人は負のオーラをもっていることになります。

色々な恩恵が受けられる正のオーラ

正のオーラとは負のオーラとは逆であり、明るい状態やポジティブであり相手に対して良い印象を与えるオーラのことです。正のオーラが活発になっていると、精神にゆとりが生まれたり運気が上がったりして何かとプラスの作用が働きます。

より良い未来を送るには負のオーラには注意をすること!

光

エンパス体質は負のエネルギーに注意

エンパス体質とは、共感能力ともいわれています。エンパス体質をもっていると、一般の人に比べると意識レベル・身体的・スピリチュアルな点においてとても敏感になります。そのため、直感力・共感力が極めて高くなり、相手の感覚・相手との相性が手に取るように分かるといわれています。そうなると相手のオーラも見えやすくなり、負のオーラや正のオーラを見るだけでなく、相性の良し悪しも見えてくるようになります。エンパス体質は優れた能力ではありますが、何かと他人のエネルギーの影響を受けやすく、特に負のエネルギーには注意が必要です。

霊視の方法を拝見ならこちら

東京で占い教室を利用しよう♪

負のオーラの情報についてチェック!

気になる事は電話占いで解決を◎ 九星気学の基礎知識をcheck☆

広告募集中